ETCカードの審査は緩いのでしょうか?

 

高速道路の料金所で止まらずにスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその利用率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のサイトに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを利用しているということです。それではそのETCを利用するためのETCカードは実際のところ作りやすいものなのでしょうか?カードを作るのには審査が必要ですがそれが甘いのか厳しいのかも気になります。

割引額に関しても東京湾アクアラインではETC利用で普通車料金が800円ですが通常料金では約3000円と大きく違います。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレジットカードをお持ちの方は追加で発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

年会費無料のETCカードを車載器に挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、突然のことでパニックになってしまうと思いますが一呼吸置いてまず落ち着いてから各所へ連絡をしましょう。

盗難ではなく、仮に紛失だったとしても絶対に警察への届け出はしてください。

そのあとの対応はカードの発行元によって変わりNEXCOなどの高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっているので土日に発覚した場合は月曜日に連絡にしてください。

クレジットカード会社発行の場合は発行元の会社への連絡になります。

その際クレジットカード会社によって対応の違いが多少あると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

ガソリンを給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近年会費無料のETCカードを作ろうと思って検索したところ作るカードの種類によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時のポイント付与が倍になるなどのお得な特典がつくカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍になり貯まったポイントでの支払いもできるそうなので仕事や通勤などでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので申し込む際はいろいろ調べてみてください。

高速道路を使って遠出する際に料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少しわからないことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになるなどスペースの制約がある「一体式」とカードリーダー部分とアンテナ部分を別々に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式車載器のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが楽ですが、誤作動しないようにハンドル周りに設置することで操縦性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目も小さくなり、カードリーダーをシート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

皆さんはクレジットカードの利用額はどうやって管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ですよね。

独立起業していてプライベート用や法人用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレカでは1枚につき各カード会社のHPで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というwebサイトで登録しているカードの過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければ照会にわからなくなってしまうので気をつけましょう。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞く回数が増えてきました。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となって働く人も増えています。

特に独立したばかりの個人事業主の方は慣れない経理業務がとても面倒だと感じているそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の電車やタクシー代などの交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

そうすると高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと変わらず法人用のビジネスクレジットカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、クレジット機能付きの法人カード発行は独立して1年などでは審査に通りにくいことがあるようです。

皆さんはETC カードを作る際にどういった部分をチェックしてカードの発行申請をしましたか?所持しているクレジットカードからそのまま発行申し込みをしている方や年会費をチェックして申し込んだ方もいると思います。審査は緩いのか?それとも厳しいのか?気になる部分はたくさんあるはずです。

参考:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

ここではまだ年会費無料のETCカードを所持していない方に向けて他の方がカードを作ったときにどのポイントを見て選んだのかを調べてみました。

高速道路をあまり利用しないという方は年会費無料のカード、利用頻度の高い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費が発生しないカードの中でも一部店舗での買い物時にポイント還元率が高くなることや自営業の方では仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

車の免許を取った学生の方の中にはクレジットカードに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんなETCは使いたいけどクレジットカードは作りたくないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額を補償金として預け入れなければなりません。

逆に考えると、補償金を預けることさえできれば長期滞納などでクレジットカードを作れない方でも発行できます。

クレジットカード会社発行のカードとの大きな違いがこの点です。

他には、通常のETCカードよりも高額な年会費が必ず発生することです。

買い物の支払いなどの場面で付与されるポイントですがカード会社が発行しているETCカードで高速道路を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、基本的にはクレカ利用時に比べ付与率が減少していることが多いようです。

他にも、数は少ないですがポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった特典から選ぶのもいいかもしれません。

ETCカードの審査基準に通るのは?

 

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用することが多いですか?一般レーンで現金・クレカ払いの人もまだいますが高速を利用する方のほとんどがETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用でどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所をスムーズに通過できることです。

係員とやりとりする必要がなくなり料金所渋滞を気にしなくていいことではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは休日などに料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例に挙げると割引前は普通車の料金が約3000円のところ、ETC割引適用で800円と半額以下になります。

大学生になったのをいい機会と思い車の免許を取って友達と遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許を取ったばかりの方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でも春くらいになるとどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードはどうしたら手に入るか載せようと思います。

まず最初にETCカードは購入するものではありません。

ネクスコ東日本などの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

一般的に普及しているクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

対応していなければ新しくETCも発行しているクレカを申し込みましょう。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですがたくさんカード会社が存在していて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを2つ挙げます。

1つ目は発行手数料、年会費どちらも無料となっているライフカードです。

ライフカードでは誕生月にポイント還元率が通常の3倍になることや、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できる点もいいですね。

2つ目に紹介するのはクレカの年会費無料の楽天カードです。

クレカは年会費がかかりませんがETCの方は年会費がかかります。

年会費が気にする方もいらっしゃいますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどで給油した時にもポイント還元が発生します。

ここぞというタイミングでトラブルが起きる方っていますよね。

というのもこの前高速道路を利用しようと年会費無料のETCカードを探しても財布の中から見つからなかったんです。

財布の中からETCカードが見つからなかったんです。

どうやらどこかで落としてしまったようです。

こんな時の対応にあまり慣れていないので焦ってしまいました。

ネットでどうしたらいいか調べ、カード会社に連絡をしたところ紛失盗難デスクに電話をしたところスムーズに再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから2週間しないうちに新しいカードが届きました。

このように紛失した場合は各カード会社の紛失盗難デスクに連絡をしましょう。

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

すでに何かしらのクレカを使っている方は追加で発行してもらうことも可能ですがサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けにどういった面を見てカード会社を選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよく買い物をされる・よく車を利用するという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときに持っていると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで支払いにもたついて渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンを使えれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレジットカードを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は追加申し込みをすると発行されますが新しくクレカを申し込むときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特典や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを見つけてください。