アメックスカードの評判は良い?悪い?

 

あなたは、「アメックス(AMEX)」をご存じでしょうか?

 

まずアメックスとは、略称した言葉になります。

 

※ちなみに本来はアメリカン・エキスプレス(American Express)と言います。

 

多くの人が少なくとも一度は耳にしたことがあると思います。

 

ちなみに私は知りませんでしたが〜。
人によっては、どのような会社であるのかまでご存じのかたも多いと思います。

 

非常に世界的にも有名な企業です。

 

ですから、ご存じなかったかたは、これを機会に覚えておくと良いですね。

 

簡単に言うと、アメックスは、トラベラーズチェッククレジットカードを発行しているアメリカの企業になります。

 

日本国内においては、クレジットカード事業の方が圧倒的に知名度が高いのではないかと思います。

 

しかし、トラベラーズチェックを発行していることからも予測できるように、旅行代理業なども行っているのです。

 

更に、法人向けの保険業、銀行事業、投資信託、そしてプライベートバンクに至るまで様々な事業を手がけています。

 

旅行事業では、世界の140カ国に2000以上にも及ぶトラベルサービスオフィスを展開しているそうですよ。

 

凄いですよね。

 

これらの旅行事業では、アメックスのクレジットカードを所持していることで、更にサービスが優遇されるようになっています。

 

それ以外にも嬉しい特典が沢山あります。

 

 

クレジットカードの事業を展開している主な地域については、アメリカを筆頭にカナダ、イギリス、オーストラリア、そして日本というように、先進国が中心となっています。

 

このように全世界的に使用されているようですね。

 

興味深いことがあります。

 

それは、アメックスは最初、運送業者として創設されたことです。

 

しかもそれは、1850年のことになりますので、もう1世紀半以上も昔のことです。

 

その後、金融業に乗り出したということになります。

 

それが現在のトラベラーズチェックやクレジットカード業などに発展していったのです。

 

凄いですよね。

 

アメックスカードの特徴とステータス

 

アメックスカードは数あるクレジット会社の中でも信頼度の高いクレジット会社です。

特徴としてはアメックスカードはダイナースクラブカードとトップ争いをするほどの高いブランド力や様々な国に支店があるので旅先でのカード紛失時など即再発行の手続きが出来るので海外で強いカードという特徴があります。

 

旅に強い特徴のあるアメックスカードですが普段使いにも強く様々な店舗での利用が可能となっている上にポイントが貯まる上に期限がポイント期限が無期限になることもあるので欲しい商品まで貯めることができます。

 

カードのセキュリティー及び保障内容も非常に良くゴールドカードになると損害保険1億円が付いています。

 

クレジット会社の中でも高ステータスのアメックス社ですがカードの取得はその分審査が厳しいと言われています。

 

審査基準としては職業・役職・所得にローン残高や主要取引銀行などが挙げられますが、一般カードであれば安定した職業についている方である程度の所得があれば審査は通るそうです。

 

もちろんクレヒスが優良な方の方が審査が通り易いそうです。

 

取得が難しい分取得した際のステータスや特典などが良いのでクレジットカードなので自信のある方は申請出してみるのもいいと思います。

 

セキュリティの面で優れており旅先での使い勝手の良さに加えて高ステータスなクレジットカードであるアメックスカードは持つだけでもメリットのあるカードと言えます。

 

 

アメックスカードの審査は甘い?厳しい?

 

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はアメックスカードを活用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

初めてカードを発行するときの簡単な流れについて説明します。

自宅から手軽にできるネットでの申し込みがあります。

手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど様々な場面で便利になるアメックスカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

アメックスカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いとされるカード会社の特徴としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないとされています。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

参考:【クレカの極意】クレジットカードの審査に通らない方へ

アメックスカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで古いアメックスカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

家事手伝いと専業主婦、働いていないのでアメックスカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済もおそらく大丈夫だろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるためカードを新たに作る時は年会費無料のカードを申し込みましょう。

アメックスカードについてネットで調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返せていれば逆にプラスに判断されることもあります。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に通らなかった場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分が原因と考えたほうがいいでしょう。

特に見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

ネットショッピングで便利なのでアメックスカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてどれを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をドラマなどで聞くこともありますがこの2種類に関してはカード会社から案内されて作れるようになります。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

審査では年収とクレヒスが重要視されています。

できるだけカードを早く作りたい方は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

その中にはアメックスカード払いのみ可能など現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、アメックスカードを作ろうとした時に審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやアメックスカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行った結果、約2割の人が電話がかかってきたという調査が見つかりました。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。

よくTVCMなどで見るアメックスカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社でしょうか?多くの人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思います。

実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。